そんなの聞いてない!葬儀費用高額請求…葬儀トラブル続出!

soushikijo_images11

そんなの聞いてない!葬儀費用高額請求…葬儀トラブル続出!の詳細

スポンサードリンク

「簡素な葬儀を望んだのに高額な料金を請求された」など、葬儀に関するトラブルが増えている。

 全国の相談件数はこの10年でほぼ倍増し、愛知県の窓口にも毎年10件前後が寄せられている。
急な不幸で余裕がない時に業者の言いなりになる事例も見られ、県などは「一人で判断せず親族らと相談して」と呼び掛けている。

国民生活センター(東京)によると、「葬儀サービス」に関する全国の相談件数は2014年度に724件。
05年度は368件だったが、年々増加傾向にある。

県の消費生活相談窓口には昨年4月~今年10月、14件の相談が寄せられた。
冠婚葬祭互助会の葬儀サービスを利用して父親の葬儀をした30歳代男性からは、
「不要なサービスを次々と勧められ、予定を40万円上回る110万円を請求された」との相談を受けた。

50歳代女性は、望んでいない「抗菌ケア」「花飾り」などのプランが追加され、15万円を支払ったという。
同センターによると、少子化や核家族化が進み、かつてのように近所や地域が助け合って行う葬儀が減少。
「終活ブーム」などを背景に人生の終焉しゅうえんに向けた準備を行う中で、少しでも費用をかけまいと
簡素な葬儀を望む人が増えている。

しかし、妻を亡くした70歳代男性は、葬儀業者から「そんな葬儀では恥ずかしい」と言われ、
「家族葬」を想定していた事前見積もりの倍の130万円を請求されて支払った。
男性は「妻を亡くしたばかりで動転していたので、うなずいてしまった」と話したという。

県の相談窓口に寄せられたのは、費用を支払った後が多く、対応できることはほとんどない。
このため、県県民生活課は「業者と打ち合わせる際は、冷静な立場の親戚に立ち会ってもらうなど
一人で決めないことが重要」としている。

葬儀のイメージを家族で話しあって 高齢者の死生観や葬送問題に詳しい第一生命経済研究所に
葬儀トラブル回避のポイントを聞いた。

「ひとくちに家族葬、簡素な葬儀といっても、一人一人イメージが異なるため、
トラブルの原因になりやすい」と指摘。
「葬儀は、亡くなった本人ではなく、残された遺族のために行われる意味合いが強い。
事前にどのような葬儀にしたいのかを本人と家族がよく話し合い、複数の見積もりを
取っておくことが大切」とアドバイスする。
※読売新聞 2015年11月20日

スポンサードリンク

この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

関連記事

 
  1. soushikijo_images17

    2015-11-28

    東京都立川市 通称・大山団地で自治会葬!?孤独死ゼロに。

    東京都立川市にある都営の通称・大山団地では、 住民に不幸があったら自治会で葬儀をやっているとい…

最近の記事

  1. pic201605_02
    海洋散骨の法律 海洋散骨は法律で禁止されているわけではなく、厳密に言うとはっきりした法律的な決まり…
  2. pic201605_02

    2016/6/1

    海洋散骨葬
    海洋散骨とは 海洋散骨とは、簡単に言うと、粉末化した故人の遺骨を海に撒く儀式のことです。 漁…
  3. pic201605_01
    演出家・蜷川幸雄さんの訃報を受け、 娘で写真家・映画監督の蜷川実花氏が12日、自身のインスタグラム…
  4. premium_20160430
    ~僕はこうして死にたい~2016 中居正広…最愛の父の死を今夜TV初告白… 最期の数日間…親孝行…
  5. sekaju_20160406
    エンディングノートに書きたいこと1位は? 順位 内容 1位 家族への感謝の言…

話題をチェック!

  1. soushikijo_images04

    2016-3-16

    葬儀社ランキング!話題の葬儀社2社をご紹介!

    お葬式にかかる費用をなるべく抑えたいと考えた場合、家族葬を行うという方法が あります。家族葬を専門…
  2. soushikijo_images17

    2015-11-28

    東京都立川市 通称・大山団地で自治会葬!?孤独死ゼロに。

    東京都立川市にある都営の通称・大山団地では、 住民に不幸があったら自治会で葬儀をやっているとい…
  3. soushikijo_images11

    2015-11-20

    そんなの聞いてない!葬儀費用高額請求…葬儀トラブル続出!

    「簡素な葬儀を望んだのに高額な料金を請求された」など、葬儀に関するトラブルが増えている。  全…

アーカイブ

ページ上部へ戻る