安い葬儀社に注意!?オプションで高額な料金騙し取る?

soushikijo_images10

安い葬儀社に注意!?オプションで高額な料金騙し取る?の詳細

スポンサードリンク

身内の不幸に付け込まれる形で、納得のいかない葬式を強いられる遺族が急増している。
NPO法人「葬儀費用研究会」の事務長が語る。

「背景には、葬儀や葬式が閉鎖的で、不透明な料金制のもとで行なわれてきたことがあります」

東京都生活文化局の「葬儀にかかわる費用等調査報告書(2005年)」によれば、
遺体搬送から火葬、会葬者の飲食、戒名などの寺院への支払いまで、
葬儀の料金は、最高で807万円、最低で89万円。
規模や豪華さの違いはあるにしても、同じ葬儀で約9倍もの開きがあることに驚かされる。

「葬儀の費用は葬儀業者の言い値で決まっていくことが多い。
最近『直葬5万円』『家族葬9万円』といった看板をよく見かけるが、
あれはあくまでも“撒き餌”です。

遺影写真、供花、飲食費などは基本プランには含まれておらず、
それらを頼めば追加料金が発生する。
オプションとして費用を加算する材料はたくさんあります」

近年はインターネットで「格安料金」をアピールする葬儀業者も多いが、
消費者センターでは「極端に安い料金設定は、オプションで高額な追加料金を
取るケースがある」と警鐘を鳴らす。

「遺体を搬送してもらった後に気づいて葬儀業者を変えられなくなるケースも多い。
病院で死亡判定が行なわれると、数時間のうちに故人を安置所に移動させなければ
ならないが、自宅がマンションなどで安置できないことが多い都会では搬送先に困る。

結果、搬送してもらう葬儀社から“ウチで預かりましょう”と声をかけられ、関連の葬儀式場に向かう。
実はこの親切に聞こえる一言が落とし穴。

遺体が葬儀業者の敷地内に一旦安置されると、別の葬儀業者に頼むことは事実上不可能と
なります。前もって葬儀業者や遺体の搬送先が決まっていないケースではほとんどが
この流れとなり、その後は遺体という“人質”をとられ、
その葬儀社が敷いたレールに乗ってお金を払うことになってしまうのです」
※週刊ポスト2015年11月20日号

スポンサードリンク

この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

関連記事

 
  1. soushikijo_images04

    2016-3-16

    葬儀社ランキング!話題の葬儀社2社をご紹介!

    お葬式にかかる費用をなるべく抑えたいと考えた場合、家族葬を行うという方法が あります。家族葬を専門…

最近の記事

  1. pic201605_02
    海洋散骨の法律 海洋散骨は法律で禁止されているわけではなく、厳密に言うとはっきりした法律的な決まり…
  2. pic201605_02

    2016/6/1

    海洋散骨葬
    海洋散骨とは 海洋散骨とは、簡単に言うと、粉末化した故人の遺骨を海に撒く儀式のことです。 漁…
  3. pic201605_01
    演出家・蜷川幸雄さんの訃報を受け、 娘で写真家・映画監督の蜷川実花氏が12日、自身のインスタグラム…
  4. premium_20160430
    ~僕はこうして死にたい~2016 中居正広…最愛の父の死を今夜TV初告白… 最期の数日間…親孝行…
  5. sekaju_20160406
    エンディングノートに書きたいこと1位は? 順位 内容 1位 家族への感謝の言…

話題をチェック!

  1. soushikijo_images04

    2016-3-16

    葬儀社ランキング!話題の葬儀社2社をご紹介!

    お葬式にかかる費用をなるべく抑えたいと考えた場合、家族葬を行うという方法が あります。家族葬を専門…
  2. soushikijo_images17

    2015-11-28

    東京都立川市 通称・大山団地で自治会葬!?孤独死ゼロに。

    東京都立川市にある都営の通称・大山団地では、 住民に不幸があったら自治会で葬儀をやっているとい…
  3. soushikijo_images11

    2015-11-20

    そんなの聞いてない!葬儀費用高額請求…葬儀トラブル続出!

    「簡素な葬儀を望んだのに高額な料金を請求された」など、葬儀に関するトラブルが増えている。  全…

アーカイブ

ページ上部へ戻る